Home » Schedule » Events » 99 年の愛/憎しみ (99 Years of Love/Hate) [AUDIO]

99 年の愛/憎しみ (99 Years of Love/Hate) [AUDIO]

Moderators:
Masako Iino, Past President and Professor, Tsuda College

Panelists:
Masako Iino, Past President and Professor, Tsuda College
Teruko Kumei, Professor, Shirayuri College
Noriko Shimada, Professor, Japan Women's University

Topic: 日本語のセッション (Sessions in Japanese)
Date: Saturday, July 6, 2013
Time: 2:00 p.m. - 3:15 p.m.
Location: Cedar A & B

2010年11月、TBSテレビは開局60周年5夜連続特別企画「99年の愛—Japanese Americans」を放映した。2010年の放映以来、数百万の人々に視聴されている。このドラマは、平松家の人々が夢を抱いてアメリカに渡り、アメリカの日本人排斥や、一家を引き裂く太平洋戦争の過酷な試練に屈せず、苦難を乗り越えてきた一家の愛の物語である。このパネルでは、このドラマの歴史的背景を討議し、ドラマが与える誤解のもとを明確にし、さらに日本での反響と日系アメリカ人の歴史がどのように理解されたかを議論する。


In 2010 the Tokyo Broadcasting System (TBS) broadcast a dramatic miniseries, 99 Years of Love: Japanese Americans, the story of the Hiramatsu family and its enduring family love in the face of bitter struggles with anti-Japanese exclusion and World War II within the United States and Japan. This panel discusses the larger historical context of the series and its impact upon the Japanese and their reaction to Japanese American history.

This session is supported in part by grants from The Japan Foundation Center for Global Partnership and the UCLA Paul I. and Hisako Terasaki Center for Japanese Studies.

このセッションに関連する発表原稿はオンラインにてご覧になれます。
Articles in Japanese related to this presentation are available on-line:

- 「ドラマ『99年の愛』-作成の背景」by Masako Iino(著).
- 「ドラマ『99年の愛』-学生の反応」by Teruko Kumei(著).
- 「ドラマ『99年の愛』― 時代考証を振り返って」by Noriko Shimada(著).

Listen to the audio recording of this session >>