ホームにもどる

新館 パビリオン・ギャラリー

 

「コモングランド−コミュニティの心」展
写真:シズコ・ホリウチ氏提供

「コモングランド−コミュニティの心」展
開催中

この展示は、明治時代の一世の渡米から現在にいたるまでの、百年を越す日系社会の歴史を紹介しています。歴史をものがたるひとつひとつの展示品や写真のコレクションは、ハワイ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、シカゴ、サンディエゴなど全米各地から集められたものです。

「コモングランド(一致点)」とは、ひとつのコミュニティを結び付けてきた「なにか」を指しています。それが「なにか」は違いこそすれ、人種や国が違っても、わたしたちだれもが持っているものではないでしょうか。

パビリオン2階トシオ・イナハラ博士夫妻ギャラリー及びアーマンソン財団ギャラリー、レイソ&シズカ・ミヤモト・ギャラリー、ショアン&シズコ・ヤマウチ・ギャラリーにて公開中

 

iPod Touchによる展示案内のご紹介

常設展示「コモン・グランド」を日本語の音声説明と画像、映像なども加えてご覧いただけるシステムです。iPod Touchのレンタルは無料!身分証明書の提出が必要です。詳細は博物館受付にてお尋ねくださいませ。

iPod Touch オーディオ・ツアー協賛:Nitto Tire U.S.A. Inc.

 


Video sponsored by Nitto Tire U.S.A. Inc.
 


Eduardo Tokeshi, Bandera Uno, 1985, latex on canvas.

「トランスパシフィック・ボーダーランド:リマ、ロサンゼルス、メキシコシティー、サンパウロにおける日系ディアスポラのアート」
2017年9月17日~2018年2月25日

「トランスパシフィック・ボーダーランド:リマ、ロサンゼルス、メキシコシティー、サンパウロにおける日系ディアスポラのアート」展は、ラテンアメリカと南カリフォルニアのラテンアメリカ・コミュニティーの日系人アーティストを紹介する展覧会です。作品を通して、エスニックコミュニティーや異人種間の混血、さらに祖国やコスモポリタニズムといった概念が、ハイブリッドな文化の独創性や美的感覚に与えた影響を振り返ります。

なお、この展覧会はゲティ基金の支援を受け、ゲティ財団が主催するロサンゼルスとラテンアメリカおよびラテンアートの交流を促進する「パシフィックスタンダードタイム:LA/LA」(バンク・オブ・アメリカ協賛)の一環として開催されます。

 

佐々木 禎子(ささき さだこ、1943年1月7日-1955年10月25日)

佐々木禎子は広島に原爆が投下された時たった2歳でした。禎子は1955年白血病で亡くなりましたが、生前彼女は病床で折り紙で千羽鶴を折れば元気になると信じて鶴を折りつづけました。禎子の祈り鶴、そのうちの一羽が彼女のご家族によって2016年5月29日、全米日系人博物館に寄贈されました。

 

 

 

 

ご案内 || 展示 || ナショナル・リソースセンター || 日本語プログラム || ショップ || ホーム
英語ページにもどる
全 米 日 系 人 博 物 館
JAPANESE AMERICAN NATIONAL MUSEUM
100 North Central Avenue, Los Angeles, California 90012
電話:(213)625-0414 ファックス:(213)625-1770
1-800-461-5266(米国内)