日系アメリカ人に関する年表

内容

プロジェクトの紹介

参加研究者

参加団体

資料一覧
米大陸人口統計
世界人口統計
海外移住略史
移民史
関連団体リスト

シンポジウム

職員と相談役

English Japanese

JANM Logo
全米日系人博物館


1882年
中国人排斥法の成立。新たな労働力として日系移民が奨励される。しかし、帰化不能外国人として、アジア系移民は1952年まで市民になれなかった。
 
1885年
(明治18年)ハワイの砂糖農場が大量の労働者を求めた事を契機に、日本人の本格的な移民が始まる。
 
1890年代
アメリカ本土への移民が始まる。
 
1905年
さまざまな排日政策、移民制限が始まる。
 
1908年
既移民者による親族や、写真花嫁による女性の呼び寄せが急増する。
 
1910年代
移民家族の増加により、日系コミュニティが各地に形成される。
 
1913年
排日目的の「外国人土地所有禁止法」が成立した。
 
1924年
全面的な移民禁止、「排日移民法」が実施される。当時の日系総数7万人。
 
1930年代
新たな移民は途絶えたが、日系コミュニティが活発化して、アメリア生れの二世が育ちはじめる。
 
1941年
12月7日 日米開戦、日系アメリカ人は「敵国日本」と同一視される。
 
1942年
日系人12万人の強制収容始まる、そのおよそ3分の2はアメリカ市民。ハワイ及び本土で日系二世が従軍する。
 
1946年
収容所が閉鎖され各地に戻るが、家屋の破壊や資産喪失に直面する。
 
1952年
排日移民法撤廃、改編された帰化法案により市民権を得られるようになる。
 
1970年代
戦時強制収容への国家賠償要求運動始まる。
 
1988年
日系人への強制収容の補償法が成立する。
 
1990年
補償金の支払いが開始される。
 
1994年
個人補償が完了する。