JANM Board Room

組織

Ann Burroughs

アン・バロウズ(Ann Burroughs)

館長兼CEO

アン・バロウズは、2016年6月より全米日系人博物館の暫定館長を務めた後、2017年3月にJANMボード・オブ・トラスティーズによって館長兼CEOに選出されました。人権のための運動を続けてきたリーダーとして国際的に評価が高く、アムネスティ・インターナショナルのグローバル会議の議長ならびに日系アメリカ人収容所協会の会長も務めています。バロウズの反人種差別および社会的正義への生涯にわたる長年の取り組みは、祖国南アフリカで反アパルトヘイトの若き活動家であった彼女が政治犯として投獄されたときの経験から形作られました。JANM勤務以前は、タップルート財団の事務局長、またLAWorksの事務局長を務めていました。このほか、オミダイア・ネットワーク、ロックフェラー財団、南アフリカ政府にコンサルタントとして勤務した経験があります。

William T. Fujioka

ウィリアム・T・フジオカ(William T. Fujioka)

理事長

日系三世のフジオカは、1970年代前半、カリフォルニア大学サンタクルーズ校に在学中、サンタクルーズ郡で44年にわたる公共セクターにおけるキャリアを始めました。1974年に大学を卒業した後はロサンゼルス市警察でインターンをしました。1978年まで市に勤めた後、19年にわたってロサンゼルス郡の5部門で経営、管理職を務めました。1999年には有色人種として初めて市の行政官に任命。2007年2月にいったんリタイアしましたが、その年の7月にはロサンゼルス郡の最高経営責任者(CEO)として仕事に復帰しました。有色人種として初めて郡政府のトップの座を占めたのです。同郡の37の部局のうち30の部局を管理し、270億ドルの予算を監督したフジオカは、管理委員会と連携して当時の大不況を乗り切りました。そして、2014年11月30日にリタイアしました。​​​​​​フジオカは理事長職に就くまで5年にわたり、当館ボードメンバーとして活躍し、また2年近くにわたってエグゼクティブ委員会の委員長も務めてきました。フジオカの母のリンダ・フジオカはJANMの最初の資金調達活動に参加し、また長年、ボランティア/展示ガイドとして活躍してきました。

Body 1

ボード・オブ・トラスティーズ

ウィリアム・T・フジオカ(William T. Fujioka)、理事長
ロバート・T・フジオカ(Robert T. Fujioka)、副理事長
ランダル・R・リー(Randall R. Lee)、副理事長
ハーベイ・H・ヤマガタ(Harvey H. Yamagata)、会計
コウジ・F・フクムラ(Koji F. Fukumura)、会計補佐
レスリー・K・フルカワ(Leslie K. Furukawa)、秘書
アン・バロウズ(Ann Burroughs)
メロニー・ハロック(Meloni Hallock)
ケネス・ハマムラ(Kenneth Hamamura)
スティーブン・カガワ(Stephen Kagawa)
ポール・コササ(Paul Kosasa)
スーザン・モリタ(Susan Morita)
ケリー・ナカマ(Kari Nakama)
クリスティン・M・ニシヤマ(Kristine M. Nishiyama)
マイケル・オカバヤシ(Michael Okabayashi)
マーク・オカダ(Mark Okada)
ケネス・A・ピサーン(Kenneth A. Picerne)
ウェンディ・C・シバ(Wendy C. Shiba)
デニス・R・スギノ(Dennis R. Sugino)
ジョージ・H・タケイ(George H. Takei)、名誉退職理事長
タイジ・テラサキ(Taiji Terasaki)
ゴードン・ヤマテ(Gordon Yamate)、名誉退職理事長
トーマス・M・ユキ(Thomas M. Yuki)

 

名誉退職ボード・オブ・トラスティーズ

アーネスト・Y・ドイザキ(Ernest Y. Doizaki)、名誉退職理事長
故ブルース・T・カジ(Bruce T. Kaji)、初代館長兼名誉退職理事長
​​​​​ノーマン・Y・ミネタ(Norman Y. Mineta)、名誉退職理事長
故マーガレット・Y・オダ(Margaret Y. Oda)、博士(教育学)、名誉退職理事長
故フランシス・Y・ソギ(Francis Y. Sogi)、名誉退職理事長
ヨシヒロ・ウチダ(Yoshihiro Uchida)、名誉退職理事長
故エレイン・Y・ヤマガタ(Elaine Y. Yamagata)、名誉退職理事長

 

ボード・オブ・ガバナーズ

ジュリー・アズマ(Julie Azuma)
メルヴィン・H・チオジオジ(Melvin H. Chiogioji)、海軍少将(退役)
アケミ・コンドウ・ダルヴィ(Akemi Kondo Dalvi)
トレイシー・ドイ(Tracey Doi)
アン・F・ハラカワ(Ann F. Harakawa)
ジェニファー・ヒラノ(Jennifer Hirano)
クリス・ホープ(Chris Hope)
トーマス・イイノ(Thomas Iino)
海部優子(Yuko Kaifu)
ジーン・カナモリ(Gene S. Kanamori)
マイケル・T・カワチ(Michael T. Kawachi)
ジョン・E・コバラ(John E. Kobara)
ニッキ・コダマ(Nikki Kodama)
小森谷正敏(Masatoshi Komoriya)
アケミ・クロカワ(Akemi Kurokawa)
スティーブン・K・クルマダ(Stephen K. Kurumada)、博士(歯学)
ウォーレン・H・マルヤマ(Warren H. Maruyama)
ナンシー・マツイ(Nancy Matsui)
ウェズリー "デニー" ミナミ(Wesley “Denny” Minami)
デイビッド・ミネタ(David Mineta)
マイケル・ミヤカワ(Michele Miyakawa)
ジョシュ・モリ(Josh Morey)
リチャード・I・モリモト(Richard I. Morimoto)
ゲイリー・S・モリワキ(Gary S. Moriwaki)
グレッグ・ナカヒラ(Greg Nakahira)
中谷朋喜(Tomoki Nakatani)
ダグラス・W・ネルソン(Douglas W. Nelson)
ディビッド・ニシダ(David Nishida)
ダニエル・ニシカワ(Daniel Nishikawa)
デニス・M・オガワ(Dennis M. Ogawa)、博士
スーザン・J・オヌマ(Susan J. Onuma)
ケリー・サイトウ(Kelly Saito)
フロイド・D・シモムラ(Floyd D. Shimomura)
リサ・スギモト(Lisa Sugimoto)、博士(教育学)
タムリン・トミタ(Tamlyn Tomita)
ジル・ワタナベ(Jill Watanabe)
リチャード・ワタナベ(Richard Watanabe)、博士
クリスティン・ウィルキンソン(Christine Wilkinson)、博士
マーク・ヤマガタ(Mark Yamagata)
クリストファー・ヤン(Christopher Yang)

 

名誉退職ボード・オブ・ガバナーズ

故ジョン・N・フユウメ(John N. Fuyuume)
故ダニエル・K・イノウエ(Daniel K. Inouye)、ボード・オブ・ガバナーズ名誉退職理事長
リチャード・H・コサキ(Richard H. Kosaki)、博士
タカシ・マキノダン(Takashi Makinodan)、博士
故サンボ・S・サカグチ(Sanbo S. Sakaguchi)、博士(医学)
故トモエ・タカハシ(Tomoye Takahashi)

 

名誉ボード・オブ・ガバナーズ

ギルバート・セディーヨ(Gilbert Cedillo)
メイジー・K・ヒロノ(Mazie K. Hirono)
マイケル・M・ホンダ(Michael M. Honda)
ドリス・マツイ(Doris Matsui)
ヒロシ "ハーシー" ミヤムラ(Hiroshi “Hershey” Miyamura)
武藤顕在ロサンゼルス日本国総領事(Consul General Akira Muto)
アラン・ナカニシ(Alan Nakanishi)
ロバート・C・ナカソネ(Robert C. Nakasone)
マーク・リドリー・トーマス(Mark Ridley-Thomas)
ルーシル・ロイボール・アラード(Lucille Roybal-Allard)
シャロン・トミコ・サントス(Sharon Tomiko Santos)
ピーター・V・ユベロス(Peter V. Ueberroth)
リン・コバシガワ・ワイヒー(Lynne Kobashigawa Waihee)

 

2022年8月5日現在

日系アメリカ人の経験に対する理解と認識を深めていくため、当館にご支援をお願いいたします。

会員になる 寄附をする