即日発表 - 2021年09月27日

プレス連絡先:

Masako Miki - mmiki@janm.org - 213-830-5636

ナショナル・センター・フォー・ザ・プリザベーション・オブ・デモクラシーとアジアンアメリカン・アドバンシング・ジャスティス-ロサンゼルスがアジア系に対するヘイトとレイシズムの問題をテーマに取り上げるアーティストを募集


全米日系人博物館ナショナル・センター・フォー・ザ・プリザベーション・オブ・デモクラシー(The National Center for the Preservation of Democracy at the Japanese American National Museum、NCPD@JAN)と アジアンアメリカン・アドバンシング・ジャスティス-ロサンゼルス (AAAJ-LA)はアジア系に対するヘイトとレイシズムをテーマに取り上げた、新しいアートプロジェクトを行うアーティスト2人の募集を発表しました。


このプログラムは、ジ・オフィス・パフォーミング・アーツ+フィルムが全米展開するアーティスト・アット・ワーク(AAW) イニシアティブが資金提供をしているもので、アンドリュー・W・メロン財団からの財政支援を受け、また、ロサンゼルス郡芸術文化局からもサポートを受けています。

このフェローシップは、アーティストに作品制作持続のための支払いを行い、それらのアーティストをホストし共に活動するコミュニティーの文化団体やアート制作者をサポートします。そしてアーティストと文化団体の両方を、反レイシズムや司法改革、サスティナビリティーと公正な開発、健康、経済、ホームレスと住宅、児童福祉、移民などの分野における地域で社会的影響を与える取り組みに結びつけます。


「パンデミックは全米中のアーティストや文化団体に壊滅的な打撃をもたらしましたが、アーティスト・アット・ワークのプログラムは、将来の活躍が期待される新進のアーティスト2人に価値ある機会を提供します。アーティスト・アット・ワークは、市民のアートによる社会参画活動を通じて、健全な地域社会の再建を支援するために作られた労働力回復プログラムです」と全米日系人博物館のアン・バロウズ館長兼CEO。「当館はこのイニシアチブ、またAAAJ-LAと協働できることを嬉しく思います。このプログラムは、2つの目的を同時に達成するものです。LAのコミュニティーは、アジア系に対するヘイトという差し迫った問題をテーマとする地元で作られたアート作品を見ることができます。そして、選ばれたアーティストには、プロジェクトを展開する一年間の生活費が支払われます」。
 
フェローシップの応募締切は2021年10月18日です。応募書類の審査と最終選考はJANMとAAAJ-LAが共同で行い、11月に発表、12月にフェローシップの開始を予定しています。
 
NCPD@JANMとAAAJ-LAの募集アーティストの条件は以下の通りです。

  • 新進のアーティスト(プロとしての経験が5年以上15年未満であること)
  • アートの形態は問わない(ビジュアルアート、パフォーミングアート、文芸、文化的プラクティショナーなど)
  • ロサンゼルス郡を拠点としていること(ロサンゼルス郡に5年以上居住していること)
  • コミュニティーエンゲージメントやソーシャルプラクティスの経験があること
  • 人種や民主主義の複雑な概念を作品に取り込み、アメリカにおけるアジア系太平洋諸島系の認知度とインクルージョンを高めることができる、魅力あるアート作品やシリーズを生み出し、一般に共有することが可能であること

詳細、また応募はJANM.orgをご覧ください。

選出されたアーティストには、一年間の給与と医療保険が支給されます。このプログラムに参加後、アーティストは失業手当を受け取ることができ、希望する場合はCOBRAによって医療保険を継続することができます。このフェローシップは、あらゆる芸術分野のアーティストに適用されます。

サンペドロ、パサデナ、ランカスターなどロサンゼルス郡内の多様な文化施設がこの「アーティスト・アット・ワーク」イニシアチブをホストします。 ジ・オフィス・パフォーミング・アーツ+フィルム とロサンゼルス芸術文化局によると、このプログラムは、大恐慌時代に何百万人もの失業者を雇用した公共事業促進局にアイデアを得ています。

今回のロサンゼルスでのプロジェクトは、マサチューセッツ州西部での試験的な実施が大成功したことを受け、アンドリュー・W・メロン財団から300万ドルの資金提供を受けてAAWの全米展開の第一歩として始まるものです。
 


###

全米日系人博物館ナショナル・センター・フォー・ザ・プリザベーション・オブ・デモクラシー(National Center for the Preservation of Democracy at the Japanese American National Museum、略してNCPD@JANM):NCPD@JANMは、ダウンタウン・ロサンゼルスの歴史あるリトル東京地区に位置しており、展覧会、メディアアーツの上映や公開、パブリックプログラム、会議や市民との対話やフォーラムといった教育プログラムを通じて、権利や自由、アメリカの民主主義の永続的なもろさを検証していくという全米日系人博物館のミッションをさらに強化していきます。

アジアンアメリカン・アドバンシング・ジャスティス-ロサンゼルス(AAAJ-LA)は、アジア系アメリカ人、ハワイ先住民、太平洋諸島系アメリカ人(AANHPI)のための全米最大の法律・公民権団体です。1983年に設立されたAAAJ-LAは、毎年15,000人以上の個人や団体にサービスを提供しています。直接的なサービス、影響力ある訴訟、政策提言、リーダーシップ育成、キャパシティー構築を通じて、アドバンシング・ジャスティス - LAは、公民権と社会正義を求める力強い声を生み出すとともに、アジア系アメリカ人とハワイ先住民のコミュニティーで最も弱い立場にある人々を支援しています。
 

###