Image of hourglass diary scene in A Life in Pieces: The Diary and Letters of Stanley Hayami

開催中の展覧会

A Life in Pieces: The Diary and Letters of Stanley Hayami

A Life in Pieces: The Diary and Letters of Stanley Hayami debuted June 9 at the Tribeca Festival 2021 and brings to life the diary and letters of a Los Angeles teenager whose Japanese American family was imprisoned by the U.S government during World War II.

The exhibition at JANM features three versions of this video:

  • a 360-degree, interactive video that was created from the virtual reality (VR) film and can be viewed on a smartphone or mobile device
  • a non-interactive version that can be viewed in the Terasaki Orientation Theater on the Museum’s first floor. 
  • the original Virtual Reality (VR) version that can be viewed with VR goggles. Time slots are limited, reservations recommended. (See below)

All videos were created by Nonny de la Peña of Emblematic Group, a producer of virtual, augmented, and mixed reality; and Sharon Yamato in collaboration with JANM. (See cast and credits below)

 

 

VIRTUAL REALITY (VR) TICKETS

Virtual Reality (VR) is a three-dimensional (3-D) immersive audio visual experience in which a person can interact within an artificial 3-D environment using electronic devices, such as special goggles. 

This experience creates an immersive virtual reality audio visual experience. Some people may experience nausea, disorientation, vertigo, seizures, motion sickness, general discomfort, headaches, eye strain, anxiety, or other physical, mental, or health-related issues and symptoms.

Time slots for the A Life in Pieces VR video experience are limited. Advance, timed reservations are recommended. 

  • Timed slots are available every Saturday, limited to two slots every 30 minutes. 
  • Reservations are released one month in advance.
  • Please arrive 10 minutes before your reservation. The last reservation is at 4:30 p.m. 
  • The VR experience total time is 30 minutes.
  • Visitors who are age 14 and under MUST HAVE adult or guardian signed consent.
  • Use by individuals under the age of 14 is not advised.
  • Each individual (adult or child) must make a reservation and sign a disclaimer to use the VR goggles.  

GET TICKETS

 

Cast & Credits

PROJECT CREATOR
Nonny de la Peña, PhD

PRODUCER
Dan Brower

LEAD ENGINEER
Chaitanya Shah

ART DIRECTOR
Charlie Park

KEY COLLABORATOR
Sharon Yamato

QUILL ANIMATOR
Haley Tomaszewski

TECHNICAL DIRECTOR
Jonathan Yomayuza

CAST
Kurt Kanazawa, Nobuaki Shimamoto, Sachiyo K, Kristen Hayashi, Kawai Akiona, Jesse McBride

Nonny de la Peña, the “Godmother of virtual reality” and head of Emblematic Group, uses cutting-edge technologies to tell stories—both fictional and news-based—that create intense, empathic engagement on the part of viewers. She pioneered walk-around virtual reality, now known as the field of immersive journalism, with the first ever VR documentary, Hunger in Los Angeles, which premiered at the Sundance Film Festival in 2012. Moreover, Use of Force, her immersive documentary experience that puts the viewer on scene when migrant Anastasio Hernandez Rojas was killed by border patrol on the U.S./Mexico border in 2010, was the first ever virtual reality piece showcased at a Tribeca Film Festival in 2014. 

Sharon Yamato is a writer/filmmaker who wrote, produced, and directed Out of Infamy: Michi Nishiura Weglyn; A Flicker in Eternity, based on the diary and letters of WWII veteran Stanley Hayami; and Moving Walls, a story about what happened to the barracks at the Heart Mountain concentration camp. She is the author of the accompanying book, Moving Walls: Preserving the Barracks of America’s Concentration Camps, and co-author of Jive Bomber: A Sentimental Journey, a memoir of Bruce T. Kaji, the founding president of the Japanese American National Museum. She is currently writing and directing a documentary on civil rights activist and attorney Wayne Collins, who helped restore U.S. citizenship to more than 5,000 Japanese American renunciants during WWII. 

Kurt Kanazawa is a Los Angeles native. A Juilliard School, Columbia University, and Harvard-Westlake graduate, Kurt plays the title role of Stanley Hayami in A Life in Pieces: The Diary and Letters of Stanley Hayami. Kurt’s first acting gig was on the Italian drama series Provaci ancora Prof! (Rai 1) while living in Milan. He has also appeared on Grey’s Anatomy. Formerly, he was an award-winning opera singer featured in The New York Times and Time Magazine. Kurt is fluent in five languages (English, Japanese, French, Italian, and Spanish) and has also worked as a narrator or director on 50+ audiobook titles. Notably, Kurt’s grandmother, Shimeji Ryusaki Kanazawa, is known as “The Florence Nightingale of Hawaii” for her efforts during WWII.

 

2021年07月09日-2022年01月09日

全米日系人博物館

100 N. Central Ave.

Los Angeles, CA 90012

ロサンゼルス生まれのスタンリー・ハヤミはごく普通のアメリカのティーンエイジャーです。アルハンブラのマーク・ケッペル高校に通い、学校の様子やアーティストや作家になる夢を日記に綴っていました。しかし時は1942年、彼は家族と共にワイオミング州のハートマウンテン強制収容所に送られるのです。十代のスタンリーが記した言葉やスケッチは、まるで窓のように彼の日常生活や感情を切り取っています。その中でスタンリーは家族の収容や徴兵、国のために戦うことの意義について赤裸々に語っています。

1944年、スタンリーはアメリカ陸軍第442連隊戦闘団に徴兵されました。この日系人部隊は、その規模と従軍期間においてアメリカ史上最も多くの勲章に輝いた部隊です。彼が家族に送った手紙には、ヨーロッパ戦線での苦難が打ち明けてはいるものの、両親を心配させないよう努めて明るいトーンで綴られています。スタンリーは19歳の時、イタリアで戦闘中に仲間を救出しようとして命を落としました。それでもスタンリーのレガシーは、遺族からJANMに寄贈された日記やアート、手紙などを通して生き続けています。

「粉々になった生:スタンリー・ハヤミの日記と手紙」展では、スタンリーが収容所で書いた文章や戦時中の手紙が、スマートフォンやモバイル機器でアクセスできるインタラクティブな360度映像として甦ります。またインタラクティブ要素のない映像は、会場内のテラサキ・オリエンテーション・シアターで上映しています。バーチャルリアリティ(VR)バージョンは、時間指定で体験いただけますが、数に限りがあるため予約を推奨しています(チケットの予約について)。このほかスタンリーのアート作品、日記、手紙の実物なども会場に並びます。

「粉々になった生:スタンリー・ハヤミの日記と手紙」は、エンブレマティック社のノニー・デ・ラ・ペニャと、シャロン・ヤマトが、全米日系人博物館と共同で制作したものです。この作品は2021年のトライベッカ映画祭のイマーシブ部門で6月9日にワールドプレミア上映が行われました。

この展覧会の詳細は、よくある質問をご覧ください。

 

スポンサー:

  • U.S. Department of the Interior, National Park Service, Japanese American Confinement Sites Grant Program 
  • The California Civil Liberties Public Education Program 

下記の皆様からもご支援をいただきました:

  • The Henri and Tomoye Takahashi Charitable Foundation
  • Department of Cultural Affairs, Los Angeles
  • California Humanities
  • The Kosasa Foundation
  • Pasadena Arts Alliance

 

メディア・スポンサー:  The Rafu Shimpo

2021年07月09日-2022年01月09日

全米日系人博物館

100 N. Central Ave.

Los Angeles, CA 90012

ロサンゼルス生まれのスタンリー・ハヤミはごく普通のアメリカのティーンエイジャーです。アルハンブラのマーク・ケッペル高校に通い、学校の様子やアーティストや作家になる夢を日記に綴っていました。しかし時は1942年、彼は家族と共にワイオミング州のハートマウンテン強制収容所に送られるのです。十代のスタンリーが記した言葉やスケッチは、まるで窓のように彼の日常生活や感情を切り取っています。その中でスタンリーは家族の収容や徴兵、国のために戦うことの意義について赤裸々に語っています。

1944年、スタンリーはアメリカ陸軍第442連隊戦闘団に徴兵されました。この日系人部隊は、その規模と従軍期間においてアメリカ史上最も多くの勲章に輝いた部隊です。彼が家族に送った手紙には、ヨーロッパ戦線での苦難が打ち明けてはいるものの、両親を心配させないよう努めて明るいトーンで綴られています。スタンリーは19歳の時、イタリアで戦闘中に仲間を救出しようとして命を落としました。それでもスタンリーのレガシーは、遺族からJANMに寄贈された日記やアート、手紙などを通して生き続けています。

「粉々になった生:スタンリー・ハヤミの日記と手紙」展では、スタンリーが収容所で書いた文章や戦時中の手紙が、スマートフォンやモバイル機器でアクセスできるインタラクティブな360度映像として甦ります。またインタラクティブ要素のない映像は、会場内のテラサキ・オリエンテーション・シアターで上映しています。バーチャルリアリティ(VR)バージョンは、時間指定で体験いただけますが、数に限りがあるため予約を推奨しています(チケットの予約について)。このほかスタンリーのアート作品、日記、手紙の実物なども会場に並びます。

「粉々になった生:スタンリー・ハヤミの日記と手紙」は、エンブレマティック社のノニー・デ・ラ・ペニャと、シャロン・ヤマトが、全米日系人博物館と共同で制作したものです。この作品は2021年のトライベッカ映画祭のイマーシブ部門で6月9日にワールドプレミア上映が行われました。

この展覧会の詳細は、よくある質問をご覧ください。

 

スポンサー:

  • U.S. Department of the Interior, National Park Service, Japanese American Confinement Sites Grant Program 
  • The California Civil Liberties Public Education Program 

下記の皆様からもご支援をいただきました:

  • The Henri and Tomoye Takahashi Charitable Foundation
  • Department of Cultural Affairs, Los Angeles
  • California Humanities
  • The Kosasa Foundation
  • Pasadena Arts Alliance

 

メディア・スポンサー:  The Rafu Shimpo

日系アメリカ人の経験に対する理解と社会的認識を深めていくため、当館にご支援をお願いいたします。

会員になる 寄附をする